イストの理念

イストの理念

様々な人が行き交う調剤薬局にコミュニケーションスペースである薬膳カフェ「花菜 HANA」を併設することで、新たなコミュニティーを創造し、患者様と地域を笑顔にする「攻めの地域密着」をコンセプトにした新店舗です。

井戸端会議という言葉があります。かつての地域のつながりの中心であった「井戸」のような存在がなくなった現在、地域の活力は失われ、少子高齢化の中、高齢者の孤独が社会問題となっています。そこで、老若男女が利用する調剤薬局(滞在時間が短い)に、カフェスペース(滞在時間が長い)を併設することで新たなコミュニティーの創造を図ります。孤独になりがちな患者様同士の触れ合いが、メンタル面にポジティブな影響を与え、健康の回復を早めるとともに、情報交換が地域の活性化に繋がることが期待できます。

創業者川村真輝薬膳カフェ「花菜」の前身、薬膳カフェ「京都きれいや」は病気になった後の治療ではなく、病気にならない体を作るセルフメディケーションをコンセプトに掲げていました。新店舗、薬膳カフェ「花菜」でも、セルフメディケーションを基本に京野菜を中心とした地産地消のメニューを提供していきます。