お薬をご自宅や施設へお持ちいたします

お薬をご自宅や施設へお持ちいたします

ご自宅や施設で療養されていて薬局へ行くのが困難な患者様には医師の指示のもと、薬局からお薬を持ってご訪問する制度があります。

お薬といっしょに「おまけ」もお届けするのがりぼん薬局です。その答えは下に…クリックしてぜひご覧ください。

訪問薬剤管理指導とは

訪問薬剤管理指導とは

医師を初め多くの専門家と薬剤師が連携しながら在宅(施設を含む)での患者さまの治療をサポートする制度です。

ご自宅や施設(老人ホームやグループホーム等)で療養中の患者さまで、薬局にお薬をとりに行くのが困難な方に対して、薬局からお薬を持ってご訪問いたします。

ただ単に、お薬を配達するのではなく医師と連携しながら薬剤師がお薬の管理や、服薬の指導を含めて在宅での治療をサポートいたします。

お薬の管理はご本人さまのみならず、ご家族や介護・施設スタッフの皆様にとってもご負担になっていることが多くあります。
お薬ぐらい誰でも飲ませられる、と思われがちですが、特にご自宅や施設で療養中の方は1度にたくさんのお薬が処方されることが多いため、服用するタイミングや飲み合わせなどが非常に複雑であり、薬の専門家ではない方が管理を行うことは危険を伴います。実際、薬への理解不足が原因で事故事例が多く報告されています。

例)
 医師から「痛いときだけ飲んでください」と言われたNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)をそうとは知らずに毎食後服用させて胃炎になった。
 寝る前に飲ませる睡眠導入剤を、契約時間が終わる前の夕方に飲ませていた。寝る前に効果がきれて、夜中に起きてしまいそのまま眠れなかった。
(大阪府薬資料を参考に作成)

お薬の管理をプロである薬剤師に任せることでご本人さまはもとよりご家族の負担が軽減されます。また、介護・施設スタッフの皆様にとっては、専門外の業務や事故へのストレスから解放され、本来の業務に集中できるとご好評を頂いております。

そのほか「お医者さんには緊張して思ったことを伝えられない」という方も多くいらっしゃいます。そんな方はよく「薬剤師なら気軽に話せる」と言っていただけます。「気軽にお話」頂いた内容から、必要なことを抜粋し医師に伝え、治療にフィードバック(活用)して頂きます。私たちは医療スタッフ・介護スタッフと連携し、様々な視点で在宅医療に関わっていきたいと考えています。

訪問薬剤管理指導は介護保険(一割負担)を利用した場合、1回350円(施設)500円(自宅)でご利用いただけます。医療保険を用いる場合は、ご加入されている医療保険の種類などによりご負担いただく金額が変わります。

りぼん薬局は京都府知事指定介護保険事業所(番号第2640401705号)です。また日本薬剤師会の制作した契約書及び重要事項説明書を用い、きっちりと契約を結びますのでご安心ください。どんなことでも結構ですので、ご遠慮なくまずはお問い合わせいただければ幸いです。

りぼん薬局の近隣で訪問薬剤管理指導と連携して往診をお願いできる医療機関のご案内もできますので、あわせてお気軽にご相談ください。

りぼん薬局へのお問い合わせはこちらをクリックしてお気軽にどうぞ。


りぼん薬局が配達するおまけとは。答えはこちらをクリック

りぼん薬局では、ご施設様(老人ホーム様、グループホーム様、介護老人保健施設様など)を対象に、お薬だけでなく音楽会の開催やトールペイント教室、自分史教室、などレクリエーションの提供を行っています。
社名の「株式会社イスト」の由来は「pharmac“ist”」だけでなく「art“ist”」や「novel“ist”」など専門家special“ist”が集まって、地域社会や患者様を元気にしたいという想いから名づけられました。
お薬のおまけ、ではなく患者様の内面からの活力を元気付けたいと考えています。
プロのシナリオライターとして勤務した経験を持つスタッフやトールペイントの先生の資格を持つスタッフが在籍しております。また、必要に応じて外部のプロの方をコーディネートし、ボランティアのイメージを超えるハイクオリティーなエンターテインメントを提供してまいります。
*