薬局でお薬をもらう「院外処方」のメリット

薬局でお薬をもらう「院外処方」のメリット

処方せんを交付し、調剤薬局でお薬をもらう事(医薬分業)で患者様に様々なメリットがあります。

1 お薬の専門家である薬剤師に、詳しくお薬の説明や飲み方の指導を受けられます。

2 お好きな日に薬局へお薬を取りに行くことが出来ます。

3 ジェネリック(後発医薬品)などを、薬剤師のアドバイスのもと、患者様の意思で選ぶことが出来ます。

4 お薬に関して医師だけでなく、外部の薬剤師により二重にチェックされ安心です。

5 医師の指示によりお薬を取りに行くのが困難な患者様には、薬局から薬剤師がお薬を持って自宅や施設を訪問する制度が利用できます。

上記5つ以外にも有形無形の利益が患者様にもたらされるだけでなく、医薬分業は医療機関(医科・歯科・介護施設)にも大きなメリットがございます。

エッセイ

「医薬分業は病院と薬局、医師と薬剤師が力を合わせることです」

調剤薬局の役割や薬剤師の仕事はなんですか?

そう聞かれると多くの人は「お医者様の処方せんに書かれたお薬を出すこと」とお答えになると思います。ところが、もう一つ大切な仕事・役目がございます。それは上の4番に示すとおり「お医者様の処方を別の視点からチェックする」ことです。チェックといっても、単純に“間違い探し”をするわけではありません。

こういう例があります。お薬を患者様に投与してもなかなか治療の効果が上がりませんでした。本来なら、改善してくる症状が一向に治まらなかったのですが、外部の薬剤師があることに気づいてお医者様に報告し対策を試みた結果、治療効果が劇的に高まりました。患者様のご家族にヘビースモーカーの方がいたのが原因でした。その薬は、煙草との相互作用があったのですが、ご本人に喫煙習慣が無かったので、すぐには分からなかったのです。薬剤師は患者様との日常会話から、同居者にヘビースモーカーがいることに気づき、その副流煙(受動喫煙)が薬の効果を弱めていることを突き止めました。

チェックというのは、薬剤師の別の視点をお医者様に活用していただき、協力して患者様の安心安全を守っていくことを意味します。それだけではなく医師×薬剤師、病院×調剤薬局のシナジー効果(相乗効果)で治療の効果が高まることも期待できるのでないでしょうか? 

医薬分業は、処方と調剤をただ分けるだけではありません。大切なことなので大きな字でもう一度書きます。

医師×薬剤師、病院×調剤薬局がお互いの技能や知識を主体的に発揮し、 力を合わせることで今まで以上の大きな力となり、 患者様とともに病気や怪我に立ち向かうことが出来る、
という事です。

さて、薬局のチェック機能を担保する制度に「疑義照会」というものがございます。

薬剤師法第24条「薬剤師は、処方せん中に疑わしい点があるときは、その処方せんを交付した医師、歯科医師又は獣医師に問い合わせて、その疑わしい点を確かめた後でなければ、これによって調剤してはならない 」

「疑わしい点」という書き方はあまりいい表現ではありませんが、患者様の不利益になるかもしれない可能性を見つけた場合、あるいは他の医療機関で患者様が貰われているお薬との重複や相互作用が見つかった場合など、処方医様(病院様)に情報を報告して指示を仰がなくてはなりません。また確認しないままお薬をお出しすることはできません。

疑義照会は、お時間がかかる場合もございますが、患者様の安心と安全を守るための大切な手続きですのでご理解とご協力をお願い申し上げます。